忍者ブログ
ミヤチョからドリィへ愛を込めて。 ドリィはドワーフホト!
[340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12月2日放送の「どうぶつ奇想天外!」でうさぎについての話題が少しだけ放送されていました♪
イギリスのでっかいウサギ(体重10kg超!)とか、うさんぽ大ブームですよとか。
ハワイに住むすんごいセレブがナントカという素晴らしい種類のアンゴラうさぎさんを飼っていたのですが、そこでクイズが。
「このウサギさんたちが年に3~4回、人間の役に立ってくれることがあります。それは一体なんでしょう?」
という問題だったのですが…

うさぎ毛紡ぎ正解は換毛期の抜け毛を有効利用する=「毛がとれる」だったのですが。
「うさぎさんの抜け毛をなにかに有効利用できないだろうか」
それはきっと、換毛を知るうさ飼いさん全ての願いではないかと思うミヤチョです。
んが!
そのウサ毛紡績の様子に驚愕!
なんと!
うさぎさんの身体から直接毛を紡いでいるのです!
ひょえー!
飼い主さんは
「この子のこの素晴らしい毛並み!高級なシルクのような手触りは最高よ。」
みたいなことを言っていました。
一度でいいから触ってみたいものですね~。



ウサ毛のハンドウォーマー紡がれたウサ毛は、ハンドウォーマーやターバンになっていました。
「うさぎさんの毛を素肌にまとってみたい」
これもおそらく、うさぎの毛並みに魅了されたうさ飼いさん全ての願いではないかと思うミヤチョです。
気持ちよさそうですね、あったかそうですね。
リアルファーには反対なミヤチョですが、これならOKかも?


◆ご注意 ~ラビットファーの生成方法をご存知ない方へ~◆
この時期になるとよくお店で目にする一般的なラビットファーは、この記事のように抜け毛で作られているわけではなく、動物の毛皮を引っ剥がしたものです。
ラビットファーにかぎらず、ラクーンファー・フォックスファーなども同じです。
リアルファーって暖かくて手触りもとても気持ちよいのに、安い値段で手に入るのはなぜか?
それは、毛皮を剥ぐという目的のためだけに生まれて育てられ、毛皮の状態の良い時期に毛皮を剥がされる動物がいるからです。
ヒツジのように毛を刈り取るわけではなく、毛の生えている皮を剥がすのです。
人間で言うところの「頭皮」ってところですね。
自分の頭皮を剥がされたら、どうなるか…少し考えてみたら、わかりますよね?
動物になるとその範囲は全身になります。

そういう動物たちがいるから、リアルファーは安価なのです。
それをどうか、心にとどめておいてくださればと思います。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
これこれ
見逃してたので、こちらで見られてよかったです~。
なんでも知り合いのウサちゃんにソックリのライオンちゃんが出てたそうで・・。
そういえば、最近ホントにウサギブームですよね。
みんな幸せなお家だといいなー。
鯛子 2007/12/04(Tue)14:17:57 編集
見逃しました(>_<)
こんばんわ(●^o^●)
再び遊びに来ました♪
『動物奇想天』見逃しました・・・
うさぎ特集があったんですね!!
この頃色々な番組でうさぎの特集してくれるので
嬉しいです(*^_^*)
長毛種も気持ち良さそうなので飼ってみたいのですが・・・
あっちん URL 2007/12/04(Tue)19:35:04 編集
私も
見ましたよv(≧∇≦)v
確かに直に紡いでいるのはビックリしました~
でもウサギ毛の多くは悲惨なものなので、そういうところも紹介して欲しかったな~と思いました><
ま、多分あの番組で取り上げることは難しいのかもしれませんが(汗)
うさ麦 URL 2007/12/04(Tue)20:58:19 編集
無題
こんにちは
動物奇想天外! 見逃してしまった・・・。
でも、イギリスのでっかいうさぎ知ってます!
かわいいですよね~
でも、豆知識もいただけて、よかったです。
ありがとうございます☆
KURO URL 2007/12/04(Tue)22:12:15 編集
ひゃ!
直に紡ぐのはびっくりだけど、毛を剥いで使うのでなく
抜け毛を使うっていうのはとっても素敵なことだと思います♪
せっかくだから、ちょこーーっとでいいからそういうところに
触れて欲しいなぁって思いますね!

ウサギブーム、いい方向へ行きますように。。
いなほ 2007/12/04(Tue)22:13:47 編集
鯛子さんへ
本当に、飼われているうさぎさんたちが幸せであることを祈るばかりですね。
うさぎブームが良い方向へ導かれることも、一緒にお祈りしなければ!
ミヤチョ URL 2007/12/04(Tue)22:44:17 編集
あっちんさんへ
こんばんは。
長毛種にもちょっと憧れますよね♪
犬でも猫でもウサギでもそうだと思いますが、長毛種はお手入れが大変そうですね!
でもきっとその分、ステキな手触りなんでしょうね~。
ミヤチョ URL 2007/12/04(Tue)22:46:18 編集
うさ麦さんへ
おおっ、うさ麦さんもご覧になっていましたか。
うさ麦さんのおっしゃる通りですね。
「ラビットファーってああやってつくられてるんだー」
なんて勘違いしてしまう人も、もしかしたらいるのかも…
リアルファーを使用したファッションアイテムがどうしてあんなに安価で売られているのか、知らない人は本当に多いですからね。
※この件に関しては、日記本文に少し追加をしておこうと思います。
ミヤチョ URL 2007/12/04(Tue)22:50:14 編集
KUROさんへ
イギリスのでっかいウサギは「コンチネンタルジャイアント」とかそんな名前だったような気がします。
フレミッシュジャイアント以外にも、大きなウサギさんはたくさんいるんですね♪
ミヤチョ URL 2007/12/04(Tue)22:51:29 編集
いなほたんへ
うんうん、そうだよね。
ウサギを診てくれる獣医さんが増えたり、うさぎ用品の種類が増えてくれたりとか、そういう感じのいい方向でうさぎがメジャーになってくれれば、万々歳なんだけどねー。
ミヤチョ URL 2007/12/04(Tue)22:53:57 編集
無題
こんばんは
ブログに「うさぎバトン」で更新しているのですが、良かったら次に回していただけませんですか?
お願いします。
KURO URL 2007/12/04(Tue)23:03:01 編集
KUROさんへ
12月4日の記事にて、バトン受け取りましたー♪
よろしくです。
ミヤチョ URL 2007/12/06(Thu)01:07:42 編集
無題
ミヤチョさん、こんばんは。
今日は知人に贈る手袋とマフラーを求めて、デパートに行ってきたとこなのですが・・・
おされな商品には、どれもこれも毛皮がついていてラベルを見ると「ラビットファー」って(TT)

もちろんファーのついてないのを買いました。あんなにラビットファー製品があふれているなんて、すごく哀しかったです・・・

そしてミヤチョさんのおっしゃるように、その製品がいったいどういうふうに作られているのか知らないままでいる人がどれほど多いか。

こういうことに関心を持ち、自分なりの行動をしていくことは、とても大切だと思います。人間として・・・
まり URL 2007/12/06(Thu)20:39:40 編集
まりさんへ
ウサギをお迎えするずーっと昔に買ってしまったリアルファーつき手袋を持っています。
とてもお気に入りだったのですが、リアルファーを意識し始めてからは使えなくなってしまいました…。
捨てるのも申し訳ないし、しまってとってあります。
いろいろな冬アイテムの中でも、手袋とマフラーにおけるリアルファー使用率は群を抜いて高いですよね!
手頃な値段で買いやすいからでしょうか。
切ないです。
ミヤチョ URL 2007/12/08(Sat)09:21:57 編集
おしらせ
◆11/02/09◆
あまりに放置しすぎて申し訳ありません…
ブログランキングのバナーを外してみたり。
最新コメント
[08/22 マロン父ちゃん@AEJ]
[02/07 カッツェ]
[10/18 ぬまこ]
[09/18 マロン父ちゃん@AEJ]
[09/17 まりろう]
[08/04 Asami]
[07/17 リコ]
[07/09 マロン父ちゃん@AEJ]
[03/19 Asami]
[03/16 まりろう]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ウサギのドリィ
*script by KT*


なまえ: ドリィ
せいべつ: おとこ
しょくぎょう: ドワーフホト
とくぎ: ペロペロ・あごすり・ねぐそ
すきなもの: バナナ・ラフランス・うさぎのにゅうさんきん
きらいなもの: あおむけ・にんにくくさいやつ
あだな: ドリーズ(コーヒー)・しろモフ
中の人
HN:
ミヤチョ
性別:
女性
職業:
器用貧乏
趣味:
ウサギグッズ収集
自己紹介:
ウサギのドリィ(ドワーフホト♂)とひっそり暮らしています。

○好き:ゲーム ドール お針子
○嫌い:ラッキョウ
メールはこちらから
ブログ内検索
バーコード
カウンター
ついでに








忍者ブログ [PR]